FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トンイにみる嘘の必要性

トンイ

私のお気に入りは、NHKの韓国ドラマ【トンイ】なのだ。
どうやら、宮廷モノ、特に女性が活躍する物語に惹かれて【チャングム】も好きだった。

さて、今回の第35回では、みんなが嘘つく。


ヒロインのトンイは、賎民で、父親は賎民の不法組織【コムゲ】の首長。
濡れ衣を被せられて殺されてしまう。その父の無念を晴らし、真相を確かめるため、幼くして宮廷入り。
才覚を発揮し、王様にも見初められて【承恩尚宮】という、王様の寵愛を受ける女官になった。

側室になるために戸籍が必要になり、今回今まで隠してきた素性が発覚。
トンイを信頼して、味方になっている親衛隊長のお父様を殺した罪にも問われたトンイの父親。
親衛隊長とトンイのお父さんは、親友だったのですよ。
ところが、トンイの父は親衛隊長を守るため、あえて父親殺しの罪を被ったことが判明。

自分を守るため、罪を被ってくれた親友であるトンイの父親のため、今度はトンイが国賊【コムゲ】の首長の娘であることを隠し、王様に嘘の報告を。
そして、親衛隊長はトンイに
『命をかけ最後まですべてを隠し通せ。王様の信頼に、おぬしも信頼で答えるのだ』
と、言うわけ。
親衛隊長も『おぬしの父のため、王様をだました罪を甘んじて受けよう』
とね。

私はどちらかというと真実を知りたいほうだけど、世の中にはいるよね。
事を成し遂げるために【嘘】をつく人。
その【嘘】の向こうに命がけの大義があるなら、その【嘘】の向こうに信頼があるなら。

【嘘】の美学を見たような気がした。



ドラマ【トンイ】
詳しくは、こちらを見てね~!

| 日記 | 00:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。